ほくろの切除手術とレーザー

ほくろ除去手術のすべてトップ > ほくろ除去の治療 > ほくろの切除手術とレーザー

ほくろの切除手術とレーザー/ほくろ除去の治療

ほくろ除去は2通りの手術があります。

ほくろ切除の手術後の経過と注意について、簡単に紹介していきます。
 ほくろ除去手術にはレーザーによる除去と、切除による除去の2通りの手術があります。手術後の経過やケアも少し違いますので注意しましょう。
 まず一つ目に、レーザーでのほくろ除去の手術後についてお話します。


スポンサードリンク

レーザーによる除去の術後の過ごし方

レーザーによるほくろ除去の治療後は、ほくろを除去する前とほぼ同じ大きさの「赤み」「凹み」ができますが、時間とともに治っていきます。
 施術当日からメイク・洗顔・洗髪・入浴が可能です。切除と違い、抜糸もなく日常生活に制限はありませんが、
 手術後2〜3ヶ月はしみにならないよう遮光に注意してください。
 手術後は、毎日清潔に保ち、必ず出された軟膏を塗りましょう。

レーザーによる術後の経過

レーザーによるほくろ除去の傷跡は、大きさにもよりますが、1週間くらいすると新しい皮膚が形成されてきます。
 治り方のスピードには個人差がありますが、「月単位」で徐々に目立たなくなっていきます。ほくろを切除した場合赤く腫れることがありますが、その場合は日焼け止めのクリームなどで紫外線から手術後の肌をガードすることをお勧めします。
 女性の場合、化粧は治療した部分につかなければ、当日からでも大丈夫です。1週間くらいして新しい皮膚ができたら、普通にお化粧をして問題ありません。

切除縫合による除去の経過

次に、切除縫合法でほくろを切除した場合の、手術後の経過と注意を紹介します。
 切除縫合によるほくろ除去の手術後7日間はガーゼを固定し、直接触れたり擦ったりしないように注意しましょう。また入浴を避けて手術翌日からのシャワー程度に留めておいてください。
 シャワー、洗髪は翌日より直接傷を濡らさないよう防水テープで保護し可能です。術後は抗生物質、痛止めと胃薬が処方されますので、処方分を継続して服用してください。

抜糸までは触らないようにしましょう。

切除縫合法でほくろ切除した場合、除去手術で使用した糸の太さによって、手術後のケアは異なります。
 最近では医療技術も進み、切除縫合法でほくろを除去する場合、糸の細さが髪の毛よりも細い糸を使うことが可能になり、非常に繊細に縫うことが出来ます。
 しかし、切除縫合法でほくろ切除した場合は、糸を抜くまではあまり触れないようにしたほうがよいでしょう。糸を抜き終わるまでは、傷口に消毒薬や軟膏などを塗り、消毒することが大切です。
 ほくろ切除後のケアは糸が抜ければ今までどおりに生活できます。

スポンサードリンク

ほくろについて

ほくろ除去の治療

その他ほくろのこと

リンク集

Copyright(c) ほくろ除去手術のすべて All rights reserved .