良性と悪性ほくろ

ほくろ除去手術のすべてトップ > ほくろについて > 良性と悪性ほくろ

良性と悪性ほくろ/ほくろについて

おかしいな、と感じたら病院で検査を!

ほくろが急に大きくなったり、形が変形し大きくなったなど、悪性の可能性がある場合には、病院で病理組織検査を受けるなど、慎重な対応が必要です。
 最近はほくろを除去できるクリームや、もぐさを使って自分で除去する方法などもネットで出回っており、
 費用もかからず手軽なことから、ほくろ除去を自宅でと考えている人も多いと思います。
 しかし万一、除去したほくろが悪性である場合は、大変なことになりかねません。
 異常を感じた場合は、必ず病院で検査をしてもらいましょう。


スポンサードリンク

悪性のほくろの特徴

悪性のほくろの場合は適切な処置が必要です。
 病院でほくろ除去をする場合は、カウンセリングの後必ず除去するほくろが良性のものか、悪性のものか検査をします。そして、ほくろの状態によって適切な除去方法を決め、施術となります。
 悪性のほくろが疑われる場合は、ほくろの色調に白、灰、黒、赤等、色が多彩であること、ホクロと正常皮膚の境界がはっきりせず不整(凸凹)であること、ホクロから出血があること等があげられます。

スポンサードリンク

ほくろについて

ほくろ除去の治療

その他ほくろのこと

リンク集

Copyright(c) ほくろ除去手術のすべて All rights reserved .