ほくろ除去の傷跡と経過

ほくろ除去手術のすべてトップ > ほくろ除去の治療 > ほくろ除去の傷跡と経過

ほくろ除去の傷跡と経過/ほくろ除去の治療

ほくろ除去にかかる時間

ほくろの治療時間は治療法によって多少異なります。しかし実際には想像以上に手術時間は短く、大きさにもよりますが、
 レーザーによる手術の場合、小さいものでしたら1つについて1〜2分くらいで終わります。
 局所麻酔を行う時に、一瞬チクッと感じる程度の痛みがありますが、手術中はほとんど痛みを感じません。
 切除法の場合でも、手術は、約5分で終了します。


スポンサードリンク

レーザーによる傷跡

ほくろの除去は、手術後に傷跡は残らないのでしょうか?また、どのようにケアしていくことが大切なのでしょうか?ここでは除去後の傷跡について見ていきましょう。
 レーザーによる治療の場合、術後、ほくろのあった場所に、肌と同じ色のテープを張ります。これは傷跡の保護だけではなく、紫外線から傷跡を守るためです。
 女性の場合、翌日以降であれば、このテープの上からお化粧することも可能です。
 そうすると手術の跡はまったくと言っていいほど分かりません。

一週間でかさぶたになって剥がれます。

レーザーによる治療の場合、傷跡は大体一週間ほどでかさぶた状になってはがれます。
 その跡もしばらくの間は、まだ赤みが残るでしょう。この赤みは、除去したほくろの大きさや個人の体質などで差がありますが、大体半年ほどで目立たなくなります。
 この状態の肌は色素沈着が起こりやすく、シミが出来やすくなっています。そのため、紫外線からの保護が大切なのです。

切除による傷跡

切除縫合法というメスを使ったほくろの除去手術もあります。切除縫合法によるほくろ除去では、正直なところ大きさは大体除去したほくろの2〜3倍ほどの傷跡は残ります。
 しかし個人差こそあれほくろ除去の傷跡は、1年も経てば目立たなくなります。ナイフで切った手の切り傷が段々目立たなくなるように、
 細胞はリフレッシュされて行くものなのです。探すつもりで見れば気付くかもしれませんが、特に心配は要りません。

スポンサードリンク

ほくろについて

ほくろ除去の治療

その他ほくろのこと

リンク集

Copyright(c) ほくろ除去手術のすべて All rights reserved .