ほくろと皮膚がん

ほくろ除去手術のすべてトップ > ほくろについて > ほくろと皮膚がん

ほくろと皮膚がん/ほくろについて

ほくろとがんの関係は?

ほくろとがんについては、よくその関係がささやかれています。ここでほくろとがんについて見ていきましょう。
 みなさんはメラノーマという病気をご存知ですか?この病気は、ほくろのように見える皮膚がんのことで、色も黒色だけではなく、肌色から薄茶色のものまで様々です。
 病態がほくろに似ていて、一見ほくろのように見えますが、実際には皮膚がんであり、ほくろとは関係がありません。
 ほくろががんになるというのは、このメラノーマの進行をほくろが大きくなったと勘違いして言っているのです。


スポンサードリンク

ほくろはがんになりません。

ほくろは傷つけるとがんになる、などといわれていますが、これは根拠のない話です。
 ほくろに似たがんで「悪性黒子腫」または「メラノーマ」というものがあるのですが、これはほくろが変化してがんになったものではありません。
 科学的、医学的見地から見てもほくろはがんにならない、という報告がされています。

ほくろとメラノーマの違い

ほくろは、形は楕円形や丸型で、ほぼ左右対称の整った形です。色は黒や黒褐色で、ほくろと肌の色の境界がはっきりとわかります。
 がんの場合、初期のうちは普通のほくろのように見えますが、急に大きく広がったり、急に変色したりします。がんの初期症状、メラノーマは、形は丸型のように整っておらず、いびつな形で、左右が対称ではありません。
 また、メラノーマは、表面が凹凸で肌とがんの境界がはっきりせず、しみのように広がっていくのが特徴です。

メラノーマが疑われる症状

下記に当てはまるような症状があった場合には、早めに皮膚科を受診しましょう。メラノーマは進行が早いうえに、悪性度が高いので、早期に病院へ行くことが大事です。
 1、にじんでいるほくろ(周りの境目のないほくろ)。
 2、ほくろのまわりに小さな斑点がいくつもあるもの(衛生病変)。
 3、表面がいびつなほくろ。
 4、ほくろの色むらのあるもの。
 5、急に大きくなったほくろ。
 6、潰瘍ができたり、出血するほくろ。
 7、足裏や手のひらにあるほくろ。
 8、生まれつきあったほくろが変化したもの。
 いずれかに該当するような場合は、一度医療機関で診てもらうことをお勧めします。

スポンサードリンク

ほくろについて

ほくろ除去の治療

その他ほくろのこと

リンク集

Copyright(c) ほくろ除去手術のすべて All rights reserved .