ほくろの原因

ほくろの原因/ほくろについて

ほくろとは何でしょうか?

ほくろは医学的に「色素性母斑」と言い、これは、メラニン色素を生成する細胞が急激に増えて集まったものです。
 ほくろは生まれつきのものもありますが、後から出てくるものもあります。数が増えたり、徐々に大きくなるものもありますが、そのほとんどが「良性」です。
 しかし、急に大きくなったり色素が周囲に染み出したり、出血したりするものでは、稀に「悪性黒色種」と呼ばれるものがあります。これは転移がとても早く悪性度の高いもので注意が必要です。


スポンサードリンク

ほくろの原因と、ほくろのできる場所

ほくろができる場所も位置も様々です。手のひらにできたり、指にできたり、唇にできたりもします。
 足の裏のほくろはがんだといわれることがありますが、全てが悪性という訳ではありません。
 ほくろの細胞はもともと生まれつき体内にあるものですが、色がなかったりして目立たないものです。ほくろが見えるようになるのは日焼けなどの刺激によってメラニンが作られるからなのです。

ほくろの大きさ

ほくろの大きさには様々なものがあり、小さいほくろでは直径がミリ単位で、ほとんど気にならない点のような大きさのもの、大きいものは2cmを超えるものまであります。
 ほくろの表面は、隣の皮膚と全く同じ高さの平坦なものや、盛り上がっている形状など、大きさと同じく様々なものがあります。

スポンサードリンク

ほくろについて

ほくろ除去の治療

その他ほくろのこと

リンク集

Copyright(c) ほくろ除去手術のすべて All rights reserved .